メンズの髭脱毛について情報発信するブログです。

髭のメンズ永久脱毛入門ブログ

脱毛クリームで髭を処理するには注意が必要。知っておきたい知識まとめ

更新日:

カミソリやシェイバーで処理しているけれど、カミソリ負けする。青髭が酷い。夕方には髭が生えてくる・・・。などなど髭に関する悩みは尽きませんよね。

そこで脱毛クリームで髭を処理すればこれらの悩みは解決するのか?気になっている人も多いと思います。

脱毛クリームで髭を処理する際に知っておきたい知識、注意点やおすすめの脱毛クリームを紹介していきます。

1.【要注意】髭の脱毛クリームには2種類ある。それぞれ効果が異なる

髭の脱毛クリームには実は二種類あります。これを混在して考えている人が多くいますが、それぞれ効果が全く異なる製品です。脱毛クリームには次の2種類があります。

  • 除毛クリーム
  • 抑毛クリーム

これらについて解説していきます。

1-1.除毛クリームは髭を溶かして処理する

除毛クリームは髭を溶かして処理します。

1-1-1.カミソリやシェイバーよりも綺麗に仕上がる

カミソリやシェイバーだと毛穴の表面までしか処理することができません。そのため青髭が濃い状態が目立ってしまいます。

除毛クリームの特徴はカミソリやシェイバーよりも綺麗に仕上がるということです。除毛クリームの場合は、クリームを髭に塗り込むことによって毛穴に少しだけ入り込んで処理することができます。

1-1-2.効果が早い

除毛クリームで髭を処理する場合は効果がでるのが早いです。髭に塗って10分ほど放置する必要がありますが、処理したい日にすぐ処理することができるのが強みです。

あとから紹介する抑毛クリームですと少なくとも1か月は見積もる必要がありますし、脱毛サロンでの本格的な脱毛は1年ほどの期間が必要です。

1-1-3.【注意】肌に合わずに赤くなる場合もある

脱毛クリームの注意点としては、肌に合わず赤くなる場合があるという点です。除毛クリームは髭を溶かして処理する手法である特徴から、肌にも影響がでる場合があります。

除毛クリームはタンパク質を溶かす『チオグリコール酸カルシウム』という成分が含まれています。髭はタンパク質でできているためこの成分が作用して髭を溶かします。

しかし、人間の皮膚もタンパク質でできています。そのため『チオグリコール酸カルシウム』が皮膚にも作用して悪影響を与えて赤くなる場合があります。

⇒対策1 パッチテストを行う

肌が赤くなることを防ぐためにはパッチテストを行うことが大切です。パッチテストの方法は、除毛クリームを目立たない場所に付けて5分~10分ほど放置します。その後水で洗い流して皮膚に異常がでないか確認する方法です。

⇒対策2 保護成分の多い良質な除毛クリームを使用する

皮膚を保護する成分の多い良質な除毛クリームを使用することも大切です。薬局などで市販されている除毛クリームの中には保湿、保護成分が不十分で赤みがでやすい除毛クリームも売られています。

管理人のおすすめはネット通販で購入できるNULLリムーバークリームです。アロエエキスが肌に潤いを追加し肌荒れを防ぎます。除毛効果だけではなく肌へのケアも考えられた除毛クリームですから安心して使えます。

⇒対策3 髭をシェイバーで剃ってから除毛クリームを使用する

髭をシェイバーで剃ると髭の量が減ります。すると除毛クリームを塗る量を少なくすることができます。除毛クリームの量が少ないということは、皮膚への影響も抑えることができます。

なぜシェイバーなのかというと、皮膚へのダメージが少ないためです。注意したいのが、カミソリで処理した後に除毛クリームを使用してはいけないという点です。カミソリで処理すると皮膚へのダメージが大きくさらに除毛クリームのダメージが重なって赤くなる可能性も高くなります。

1-1-4.【注意】髭に対応している除毛クリームはない。自己責任となる

髭に正式に対応している除毛クリームはありません。

これには理由があって

  • 目や口に入る危険がある

という点が挙げられます。

目や口に入る危険がある、というのは髭の近くには口がありますし、少し離れていますが目もあります。除毛クリームはタンパク質に作用する成分が入っているため目や口などの粘膜に入るとメーカーとしても保証しきれない、ということでしょう。

ただ、目や口に入らないように注意して使用すれば、使用できると言えばできます。管理人も髭を除毛クリームで処理したことがありますが、特に他の部位との差はありませんでした。

ただ、除毛クリームを髭に使用するのは完全に自己責任になることだけは知っておいた方が良いでしょう。

1-2.抑毛クリームは髭を薄くする

除毛クリームとは異なる『抑毛クリーム』について解説します。抑毛クリームは抑毛剤、抑毛ローションともいわれています。

1-2-1.使い続けることで徐々に髭が薄くなる

抑毛クリームは使い続けることで徐々に髭が薄くなる製品です。あくまでも毛の成長を抑制するためのものであり、脱毛できるというものではありません。あくまでも普段のシェーピングの補助として使用することが前提となります。

1-2-2.肌に優しい製品が多い

抑毛クリームは肌に優しい成分が多く含まれています。シェーピング後のお肌を整えて普段のシェーピングを補助する役目もあります。

1-2-3.【注意点】効果には個人差があり効果がでない人もいる

抑毛クリームの効果には個人差があります。数か月使用し続けたけれど効果を全く実感できないという口コミもあります。

1-2-4.【注意点】即効性がなく最低でも1か月は使用する必要がある

抑毛クリームには即効性はありません。少なくとも1か月以上は使用する必要があります。

2.おすすめの除毛クリームランキング

おすすめの除毛クリームについてランキング形式で紹介していきます。除毛クリームはカミソリやシェイバーで処理するよりも青髭を防ぐ効果が高いと言えます。ただし、自己責任での使用となるため注意が必要です。

2-1.NULLリムーバークリーム

NULLリムーバークリームはメンズのために開発された除毛クリームです。メンズの剛毛向けの人でも安心して使用できる除毛力が高いというのが特徴です。

他の除毛クリームでダメだったけれど、NULLリムーバークリームを使用したら綺麗に除毛できた、との口コミもあります。

除毛力だけではなく保湿成分や皮膚の保護成分も豊富に含まれていてメンズ脱毛にて人気の高い除毛クリームです。

 

2-2.鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳除毛クリーム

鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳除毛クリームは保湿成分が豊富に含まれていて肌への負担を軽減した除毛クリームです。ただし、NULLリムーバークリームと比較すると除毛力で劣るデメリットがあります。

髭は他の部位と比較すると剛毛である場合が多く、特に理由がなければNULLリムーバークリームを使用した方が良いでしょう。

 

2-3.VEET除毛クリーム敏感肌用(市販品)

VEET除毛クリーム敏感肌用はAmazonやドンキでも手軽に入手することができる除毛クリームです。価格も安く気軽に入手することができます。

しかし髭に使用することを考えると除毛効果に少し不安があります。やはり除毛力の高いNULLリムーバークリームを使用することをおすすめします。

 

3.おすすめの抑毛クリームランキング

おすすめの抑毛クリームについてランキング形式で紹介していきます。抑毛クリームは髭の成長を抑えるようになる半面、効果が出ない人がいるのも事実です。効果には個人差があることを理解した上で使用するのが良いでしょう。

3-1.ゼロファクター

 

ゼロファクターは髭に悩んでいるメンズのために開発された抑毛クリームです。

髭のわずらわしさの原因である5αDHAの発生因子である5αリダクターゼを阻害する5αSPローションを配合しています。鎮静、引き締め、潤いを与えてトータル的に髭のケアに役立つ抑毛クリームです。

ゼロファクターの欠点は、効果に個人差があるということです。1か月ほど使用しても効果がない、という声もききます。2か月、3か月と長期的に使用した方がよいでしょう。

 

3-2.NULLアフターシェイブローション

青髭、濃い髭の悩みに対して大豆イソフラボン、サポニンが協力にアプローチするメンズ用の抑毛クリームです。髭剃り後に使用することで肌の引き締め、潤い、傷んだ肌をケアする働きもあります。メイドインジャパンで製品の品質にも安心できるのが良いですね。

ただ、NULLアフターシェイブローションも長期的に使用することが前提となっています。短期的には効果が薄いため、すぐに効果を出したい人にはおすすめしません。

 

 

4.一番確実なのは、髭の永久脱毛。ツルツル、薄くするなど好みの量に調節可能

これまでは脱毛クリームによる髭の処理を紹介してきましたが、当サイトの一番のおすすめは髭の永久脱毛です。永久脱毛というと沢山のお金が必要、時間がかかるというイメージがありますが、実は長期的にみるとお得になることが多いです。

4-1.髭の永久脱毛はレーザー脱毛がおすすめ

髭の永久脱毛には2種類あります。フラッシュによる脱毛とレーザーによる脱毛です。

結論から言うとレーザーによる脱毛がおすすめです。というのもフラッシュによる脱毛は光が散漫になってしまい効果が薄いためです。効果が薄く再度毛が生えてくるリスクがレーザーに比べて高くおすすめできません。

レーザーによる脱毛であれば、髭が生えてくる原因に対して直接作用することができるため永久脱毛が可能です。

4-2.回数は12回ほどが平均的

レーザー脱毛による髭の脱毛の回数は12回ほど通院するのが平均的と言われています。もちろん、青髭を目立たなくするなど髭の量自体を減らすことは6回程度でも可能です。ツルツルにする場合は12回ほど見積もっておいた方が良いでしょう。

4-3.期間は1年~2年ほどかかる

レーザー脱毛による施術の期間は1年~2年ほどかかります。これには個人差がありますが、平均をみるとおおむねこれくらいの期間を見積もっておけば良いでしょう。

1~2年の間に12回ほど通うとなると大変なイメージがありますが、1回の施術は15分以内で終わります。施術時間だけをみれば合計で180分で3時間程度です。

他にも通院の時間もかかりますが、実質3時間で永久に髭の悩みから解放されるとしたらかなりお得なのではないでしょうか。

例えば一日に15分ほど髭の処理に時間をかけている人であれば

15分×30日で1か月で450分も髭剃りに時間をかけていることになります。時間にすると7時間30分です。

1年にすると5400分で年間90時間も髭剃りに時間をかけています。これは明らかに時間のムダですよね。髭脱毛をすることによって年間90時間-3時間で87時間もの時間の節約になるのです。

髭の悩みに開放される上に年間87時間も節約できるのならお得なのではないでしょうか。というかお得ですよね。管理人はそう思いますw

4-4.値段は10万円ほどをみておけばOK

髭の永久脱毛の値段は10万円ほどをみておけばOKです。少し値段が・・・と思うかもしれませんが、長期的にみるとお得であると言えます。

例えば500円のカミソリを月に1度交換する、という使い方をする場合は

500円×12カ月×50年=30万円

となります。今後生涯50年で30万円も支払うことになります。これはもったいないですよね。

 

-

Copyright© 髭のメンズ永久脱毛入門ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.